生活習慣にあった快眠の方法でぐっすりと眠りましょう!

2014年03月27日

快眠のための効果的な方法は?

健康のために、
快眠方法をいろいろと試している人もいるかもしれません。

ぐっすりと眠りたいのに眠れないのは辛いものがありますね。
いきいきと毎日元気に過ごすための快眠はとても大切です。


翌朝、なんとなく眠った気がしないとか、
起きるのが辛いと感じる人は、質の良い睡眠ではないのかもしれません。

睡眠時間が短くても、
質の良い睡眠をとることができていれば
翌朝に疲れは残らないということを よく耳にします。


では 質の良い睡眠とはどのような睡眠でしょうか。

快眠できていないと感じる人は
快眠方法を学んでみるといいでしょう。

快眠は健康面からみてもとても大切で、
最近では糖尿病や高血圧などの生活習慣病や
うつ病などの精神疾患などと関係があると言われています。



快眠の方法は様々ありますが、
まずは生活習慣を見直すことから始めてみるといいかもしれません。


つまり、規則正しく、早寝早起きをするということですね。
起床時に太陽の光を浴び
体内時計がリセットされると、
そこから 15〜16時間後にメラトニンの分泌が始まります。

そして、だんだんと体が眠る準備を始めるようです。
朝の太陽の光を浴びることが一番ですが
日曜日の朝に寝すぎると 翌月曜日の朝が辛くなるので
注意をしたいものですね。


早寝早起きと同じように、
快眠のためには規則正しい食事や
適度な運動も大切です。

朝食は身体をスッキリと目覚めさせますし、
日中の軽い運動は軽い疲れをもたらし熟睡へ導きます。

その反面、夜遅い食事は寝つきを悪くし
睡眠の質も悪くしてしまいますから注意をしましょう。


ほかにも、寝室環境を整えたりグッズを快眠に導く利用したり、
快眠の方法はいろいろとあるので
調べてみましょう。



posted by 快眠方法のアドバイザー at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 快眠 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。