生活習慣にあった快眠の方法でぐっすりと眠りましょう!

2014年03月28日

快眠を目指す方法!枕をかえてみる

よりよい快眠を目指すための方法には、も大きく影響しています。


の高さ、硬さ、そして素材など
自分に合ったものを使うということは、
快眠のために大切なことだと言えます。


の選び方を間違えると
快眠できないばかりでなく、身体に不調をきたすこともあります。
快眠をするために大切だと言われる 
の高さについて考えてみましょう。


枕の高さは好みもあると思いますが
高すぎても低すぎても 快眠をすることはできないようです。


健康な人の首の骨は横から見ると 「C」の字にカーブしています。
この自然なカーブを崩さないようにすることが必要です。


枕が高すぎると
首や肩の筋肉に負担をかけたり、のども圧迫したりします。
そのため、
翌朝に首や肩の調子がなんとなく 悪く感じてしまうのです。


逆に、低すぎる枕も避けましょう。
低い枕は頭や顔の血液の循環が悪くなるようです。

自分にあった快眠できるを探す方法
自分の寝姿をチェックして、
枕の高さを調べることが必要になってきます。


最近では、枕の高さを測ってくれるところも増えており
オリジナルの枕をつくってくれる寝具専門店もあります。
自分の体型や姿勢などによって
変わってきますから
快眠できない人は、一度調べてみるといいかもしれません。


また、敷き布団によっても枕の高さはかわってきます。

硬い布団にくらべて
柔らかい布団は身体が沈み込みやすいので、
少し低めの枕がいいようです。

いつも使用している寝具や自分の姿勢などを考えて、
首や肩に
負担がかからないような枕を選びたいものですね。




ラベル:方法 快眠 健康
posted by 快眠方法のアドバイザー at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 快眠 方法 枕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。